fc2ブログ

【ヤマトvs火前坊】大口真神は人間の性質を見分ける力を有する

火薬に迫る火前坊と走るヤマト -ワンピース最新考察研究室.1038

城内地下「武器庫」にある火薬に迫る“火前坊”!! 何とか間に合ったヤマトが火薬を凍らせる事で爆発を阻止。しかしながら“火前坊”をどうにかしなければならない。どの様にしてヤマトが“火前坊”を攻略するかであります!!

-画像はONE PIECE 第1038話より引用-

【ヤマトと「黒炭家の燃ゆる怨念」】


氷結系の技が使えるヤマトですからね。“火前坊”との戦いはベストマッチと言えるかも知れません。しかし僕は逆の見方をしておりました。ヤマトと“火前坊”というのはミスマッチじゃないのか?と。

それは前々から考えていた事でして。

ひとまず火薬の爆発を阻止するには氷結系の能力が必要とされるだろうが、“火前坊”そのものを攻略するのにヤマトというのは適任と言えるだろうか。

黒炭家の燃ゆる怨念 -ワンピース最新考察研究室.1030
-ONE PIECE 第1030話より引用-

カン十郎が描き出した「黒炭家の燃ゆる怨念」こそが“火前坊”なのです。これをどうにかしなければならない訳です。適任と言えるのは赤鞘九人男なんじゃないかなと。

そこで僕は行方不明になっている傳ジローの登場に期待したりもしました。イゾウとカン十郎とで何かあるのかな?だとかね。この“火前坊”というのはワノ国の抱える問題なのです。カイドウがワノ国に来るより前からの問題。

麦わらの一味やマルコは言うまでもなく部外者であり、この“火前坊”を鎮めるというのは話の筋として違っていると思えますよね。そこにヤマトなんです。ヤマトが「黒炭家の燃ゆる怨念」と戦う意味、その動機付けの部分が欲しいんです。

全く無い訳ではありません!!

大口真神(オオクチノマカミ)はワノ国の守り神 -ワンピース最新考察研究室.1020
-ONE PIECE 第1020話より引用-

ヤマトが食べた“イヌイヌの実”の幻獣種(モデル大口真神)というのは「ワノ国の守り神」とされているらしい。ここの要素を前面に出すならヤマトは適任ですよね。

ヤマトが「ワノ国の守り神」として「黒炭家の燃ゆる怨念」からワノ国を守る。ここに1つ意味がありそう。そこで改めて「大口真神(オオクチノマカミ)」について調べてみたんです。

この幻獣は何なんだろうって。

すると“火難”から守るというのがありまして。今回の事に繋がるなと思いつつ… もう1つの記述が僕の目にとまりました。そこには何とあったか。


「人間の性質を見分ける力」


↑これで何かあるんじゃないか?



【ヤマトがカン十郎の本心を見抜く】


火前坊「オロチ様…!!」-ワンピース最新考察研究室.1038
-ONE PIECE 第1038話より引用-

まず上のシーンについて皆さんはどう読まれました?あの「オロチ様…!!」というのは誰のセリフなのか。“火前坊”はカン十郎が描いた絵であって、それが話すのは何も不思議じゃありません。

問題となるのは下のシーン。

火前坊を生み出して倒れるカン十郎 -ワンピース最新考察研究室.1030
-ONE PIECE 第1030話より引用-

“火前坊”を生み出したカン十郎が「どさっ…」と倒れています。そして“火前坊”は壁をすり抜けるんです。こんな事はこれまでありません。カン十郎が描いた絵が壁をすり抜けるなら、ウソップはドレスローザで苦労する事はなかったのです。

“火前坊”にはカン十郎の魂が宿っているのではないか。“火前坊”というのはカン十郎の亡霊ではないか。そんな事が頭に浮かぶんです。実体がある様でない。そんな存在じゃないだろうか。

ならば、

ヤマトが前にしてるのは“火前坊”であってカン十郎と言えるのかも。“火前坊”を鎮めるというのは、カン十郎を鎮めるに等しい。だとすればヤマトはカン十郎に何が出来るのか。

ヤマトは20年前の光月おでんの処刑を見てた -ワンピース最新考察研究室.994
-ONE PIECE 第994話より引用-

ヤマトは光月おでんの処刑を見ていたのです。そこにはカン十郎もいたのです。ヤマトは光月おでんを自称し、おでんの残した航海日誌を熟読しております。ここら辺で何かありそう。

そこに「人間の性質を見分ける力」であります!!

「大口真神(オオクチノマカミ)」であるヤマトがカン十郎の本心を見抜くのではないか。それで“火前坊”及びカン十郎の「黒炭家の燃ゆる怨念」を鎮めてしまうのかも。

僕が何を考えているかというと…

おれの名は黒炭カン十郎 -ワンピース最新考察研究室.974
-ONE PIECE 第974話より引用-

こっちが演技なんじゃないか!? と。

心を失っているカン十郎は、いつからか何が演じている役なのか分からなくなっているんじゃないか。最初は光月おでんの家臣というのが演じる役であった。それは間違いないのだが…

光月おでんと10人の家臣 -ONE PIECE最新考察研究室.986
-ONE PIECE 第986話より引用-

光月おでんや皆んなと暮らすウチに、内通者である事が演技になってしまっていたのではないか。心を失っているカン十郎は“我(個としての自分)”を持たず、それが分からなかった。どちらもカン十郎にとっては演じる役に違いないからです。

そこで第1014話であります!!

カン十郎「舞台上じゃ…」-ワンピース最新考察研究室.1014
-ONE PIECE 第1014話より引用-

錦えもんに見せた涙です。これは演じて泣いてるのではなく“素”の自分が出てる。だからこその「大根役者」であり、これまでの人生そのものが下手な役者のそれだから「人生の大根役者」とサブタイトルがついた。

演技も何も… もうムチャクチャになってたんじゃないかなぁ。どっちが演技かチンプンカンプン。それがヤマトには分かるのかも。

伝説の一時間の時のカン十郎は演じる役に徹してる様には見えませんでしたよと。しっかりとカン十郎の性質を見分ける事ができていた。それに加えて…

希美の妖怪 カン十郎
-ONE PIECE 第962話より引用-

光月おでんが航海日誌にカン十郎の事を他にも何か記していて、それをヤマトが教えてあげたりするのかなぁと。それを聞いて“火前坊”の目から涙が出て、カン十郎が描き出した「黒炭家の燃ゆる怨念」は鎮まる、と。

それでまた倒れたカン十郎が蘇生したらマルなんですけどね。した事の罪は消えませんが、何とか受け入れる事もできるのかも。カン十郎の幕が閉じるのは“死”じゃない方が良さそうな。


さてさて。


ヤマトが“火前坊”というカン十郎が最後に描き出した怨念に対峙する意味であります。ここに僕は「大口真神(オオクチノマカミ)」をヒントに、カン十郎の本心を見抜く方向を導き出した訳ですけどね。

ヤマトからの視点。それは舞台(伝説の一時間)を見ていた1人という第三者的視点でありまして。舞台上にいる者達とは少し違う視点でモノが見えていたのではないかな?と。

ここら辺で何かありそうな気がしてます。

どうなるか見守りたいです!!!



【まとめ】


イヌイヌの実幻獣種モデル“大口真神” -ワンピース最新考察研究室.1020
-ONE PIECE 第1020話より引用-

ヤマトが持つ悪魔の実の能力である「大口真神(オオクチノマカミ)」。その幻獣は「人間の性質を見分ける力」があるそうです。これが作中で出るかどうかなんです。

もしも出て来るなら、

おれの名は黒炭カン十郎 -ワンピース最新考察研究室.974
-ONE PIECE 第974話より引用-

ヤマトがカン十郎の性質を見分ける事になるのかも。カン十郎は「光月おでんの家臣」と「黒炭オロチの家臣」という2つの性質を持っているのです。

どちらが演技だったのか。

僕は、どこかの時点ですり替わっていたのかも知れないと考えます。カン十郎自身も知らないウチに、内通者である部分こそが演技になっていたのではないか。

そうだとすると、すでにカン十郎の怨念は光月おでんによって鎮められていたと言えるのかも。そこに光月おでんを自称するヤマトが何かするんじゃないかな。

戦って倒すのではなく、カン十郎に何が本当の自分であるか教えてあげるのかも。それで“火前坊”を鎮める方向にするのかな?と。あの“火前坊”というのはカン十郎の亡霊だと思うんですけどね。


どうなって行くのでしょうね?

関連記事
スポンサーサイト



SHARE

コメント 10

There are no comments yet.
ドナルド
2022/02/02 (Wed) 17:59

「火前坊はしゃべる」ということが今回わかりました。笑
完全に妖怪ですね。
そして、今更ですが、絵を描いただけで、”炎”という属性も付与できてしまう、更には意思を持って話すこともできちゃうフデフデの実の力って結構チートですよね。
これは、カン十郎が気絶したままだと思いますので、以前おでんを描いたときに言っていた「遠隔は体力を消耗する」という設定は恐らくこの火前坊には適応されていません。
カン十郎の意思から離れて自動操縦状態だと思いますので、これはもしかしたらフデフデの実の覚醒かもしれません。

そんな火前坊にヤマトは「馬幻刃(まほろば)」という氷の技を繰り出します。
”まほろば”とは・・・素晴らしい場所、住みやすい場所
という意味の古語ですので、ヤマトがこの技を放つというのがなんとも悲しいです。しかし、ヤマトは未来のワノ国を願って放っている技ですので、この戦いの後、ヤマトや住民にとってワノ国が”まほろば”となる日も近いでしょう。

また、火前坊という妖怪はそもそもが、「現世に未練があって極楽往生できなかった僧の霊」だと言われているため、このカン十郎の未練の塊が「オロチ様・・」といっているのはやはりまだ何かあると思ってます。
オロチについていくことが”後悔・未練”であるとするならば、最終的に火前坊が向かうのはやはりオロチなのではないでしょうか。
その一助となるのがヤマトとの対話かもしれませんね。
フーガと火前坊を味方につけるとすれば、それは正に”王の資質”!覇王色の覇気は伊達じゃ無い!となりそうです

かなこ
2022/02/02 (Wed) 18:00

まさにまさに!!

私が、前に書いた事とそっくり!
そうだとしたら、WCIのプリンと似ていると思います!周りだけでは無く、自分の事も偽りこれまでの人生を歩んできたという点で。
カン十郎本人は、気づいていないのだと思います。どちらが、演技でどちらが本当なのかということに。その事を、(誰になるかはわかりませんが)指摘される事でようやく気付くのでは無いかと私も思います。
いくら、心を取り戻したとはいえ、もし彼が死亡してしまったら自分的には悔いが残り違和感ありなのです。
これまでの行いは、決して許されることでは無いのですが、私としては生きて罪を償って欲しいなとは思っています。

baron
2022/02/02 (Wed) 21:29

大口真神をwikipedia出確認しました

かんりにんさん こんばんは
すごい!(*^▽^*) 僕も大口真神(オオクチノマカミ)についてwikipediaで調べて確認しました💻

かんりにんさんのおっしゃるとおり 火難から守ったり 人間の性質を見分けたりし、 日本武尊・・・そう、ヤマトタケルノミコトの東征の際 道に迷っていたところ 白い狼が現れて無事に日本武尊軍を導いたので、尊は「大口真神としてそこに留まるように。」と

考えれば考えるほど フラグだらけですよね。1014話のサブタイトル「人生の大根役者」とか大口真神の秘められたエピソードの数々。かんりにんさんの記事を読んでいると
「もしや ヤマトがカン十郎を改心に導くことができるのではないか?」と期待が沸いてきました。



余談ですがヤマトは1012話「うず」のエピソードで自ら囮になると言ってモモの助としのぶと離れて行動していました。 それが功を奏したと再認識いたしましたよ。

第1014話「人生の大根役者」で おでんに化けたカン十郎に菊は刺されました。
その記事で僕は こうコメント書きました👇<青文字>
<その場にヤマトがいなかったことによって カン十郎の描いたニセおでんに騙される事は避けられましたからね。

ここでもし ヤマトがニセおでんに斬られていたら 今後 ルフィたち反カイドウ側にとってかなり不利になっていたでしょう。>


その僕のコメントに対しかんりにんさんは こうお返事してくれました👇 <赤文字>
<あの場にヤマトがいると色々と描写しなくてはならない事が増えたっぽい気がするんですよね。そうなるとカン十郎の事だとかがボヤけそうな…。>

 確かにおっしゃる通りです。でもそれ以上に ヤマトがその場にいれば 見事にだまされ 菊と同じく負傷していました。そうなればカイドウと戦うことはできなくなり そして 地下の火薬庫に向かう事も、火前坊をどう対処するかもすべてできなくなってしまうところだったんですよ。

 カン十郎の事がぼやける・・・・それも、あってはいけませんね(笑)  ヤマトにしかできない事があるのにここでムダにするわけにはいかない。

ヤマトが大口真神としての仕事ぶりを刮目せよ、ってとこです(; ・`д・´)



 

ひーちゃん@管理人
2022/02/03 (Thu) 11:33

コメントありがとうございます ドナルドさん

僕もオロチと火前坊の組み合わせが最も結末としては相応しい気がしてます。オロチ自身が黒炭家の怨念に取り込まれて焼かれるのが1番なんですよね。散々カン十郎を利用した訳ですし。

ただ、どうしても位置関係の点で接点が見出せなくて。火事で城が崩れるにしても、オロチがいるのは宝物殿なんで落とせないんです。そうなると火前坊に動いて貰わないといけませんから… この展開も視野に入れるべきかもですね!!

さらに色々と考えてみます!!

ひーちゃん@管理人
2022/02/03 (Thu) 11:38

コメントありがとうございます かなこさん

そっくりでした!? 笑

かなこさんは前々からカン十郎に関して注目されてましたから。今回の記事をどんな風に読まれるのかなぁと思っておりましたよ。

何がハッピーエンドと言えるか分かりませんが、僕もカン十郎には生きて償い、また改めて真の意味でモモの助を支えてくれたらと期待しております。どうなるか見守りたいですね!!

何か大きなドンデン返しが来ないかなぁ。。。

ひーちゃん@管理人
2022/02/03 (Thu) 11:47

コメントありがとうございます baronさん

どこまで尾田先生が大口真神のモデルの部分を作品に落とし込まれるのか。ここは全く分からないんですけどね。調べてみると色々と浮かびますよね!! こちらの方向からの考察もしてみると面白いもので。

僕としてはですね。改心はとっくの昔にしているが、それをカン十郎は自分自身で気づいていない。演技に固執した事が悪い結果を生んでいるという考えでして。これならば今までの事をひっくり返すのも可能かなぁと。もちろんアシュラもお菊も死なないのが前提ですけど。

ヤマトと火前坊、そしてカン十郎の組み合わせがどう展開するのか。見守りたいですね!!

かなこ
2022/02/04 (Fri) 23:34

そういえば思ったんですけど

カン十郎の幼少期の姿が、描写された事はありませんね?あの、全身真っ黒で人の形をしていない妖怪の様な姿のみです。
おでんと出会った当時のは13歳〜14歳辺りですし。
その容姿が明かされるのは、もしかしたら心を本当の意味で取り戻した時なのかもしれません?又は、本編では描かれずにSBSの時に明らかとなる可能性もありますが...。

エーデルワイス
2022/02/07 (Mon) 00:01

今回ローが放った大技で鬼ヶ島の底に穴が空きましたがもしかしたら、この穴から爆弾を投げ落とすのでしょうか?
現在鬼ヶ島が都からどのくらい離れているか、爆弾にどの程度の威力があるのかは分かりませんが、ローの刀が刺さった場所は何も無い荒野に見えますし、かなり深いクレーターが出来ていますので、そこに投げ込めば都に影響は出さずに処理できるかもしれませんね。

ひーちゃん@管理人
2022/02/07 (Mon) 14:09

コメントありがとうございます かなこさん

それならカン十郎の過去編がチラリとでも描かれると良いですよね!! どう見ても妖怪でしたもん。あんな描き方をしてたのには理由があるかもです。

見守りたいですね!!

ひーちゃん@管理人
2022/02/07 (Mon) 15:15

コメントありがとうございます エーデルワイスさん

うーん、どうなんでしょう?

火薬をどうにかするより火前坊をどうにかする必要がありそうですが…。見守りたいですね!!

ワンピース最新話考察/感想/ネタバレ