fc2ブログ

【海楼石】ルナーリア族の体質(ルール)とキングの体質(ルール)

背中の火の秘密がわかったゾロ -ワンピース最新考察研究室.1035

キングの体質の秘密に“背中の火”が関係している事を見破ったゾロ。背中が燃えている時と燃えていない時に違いがあるんですね。ここに関して大きな謎が1つあるんです!!

-ONE PIECE 第1035話より引用-

【ルナーリア族の“背中の火”】


キングの素顔が… -ワンピース最新考察研究室.1035
-ONE PIECE 第1035話より引用-

“背中の火”が消えた時
動きは速くなるが…!!
防御力は落ちる……!!!



キングは発火する種族であるルナーリア族。そのキングの背中に火が燃えている時に攻撃しても無駄骨。斬撃が入ったとしても血も出ないのです。

狙うべきは素早い動きを見せた時!!

この時キングの背中の火は消え、それと同時に防御力が落ちるのです。その一瞬を逃さず斬撃を入れればキングにダメージを与える事が可能になります。

これこそがキングの体質(ルール)。それはすなわちルナーリア族の体質(ルール)と言い替える事ができそう。しかし1つ疑問の出るシーンがあるんです。



【パンクハザードのアルベル】


カイドウとキングの出会いはパンクハザード。そこでキングはMRIの様な装置を使って耐久実験を受けていた様子。手足を鎖でつながれ身動きが取れない状態にされている。

にもかかわらず、

キング「お前は世界を変えられるか?」-ワンピース最新考察研究室.1035
-ONE PIECE 第1035話より引用-

↑背中の火が消えているんですね!!

体質のルールが崩れています。背中の火が消えるのは動きが速くなった時のハズなんです。どうして身動きが取れない状態なのに背中の火が消えるのか。

キングの本名はアルベル。

パンクハザードを脱出するカイドウとキング -ワンピース最新考察研究室.1035
-ONE PIECE 第1035話より引用-

カイドウと共に研究所を脱走した時アルベルの背中には火がついています。身柄と共に背中の火についても何かから解放された事を意味するんだと思うんです。

世界政府はルナーリア族キングの背中の火を消す(=防御力を落とす)方法を持っている。だからこそ身動きが取れない状態で耐久実験ができたのでしょう。

その方法とは何なのか。

カイドウとキングの出会い -ワンピース最新考察研究室.1035
-ONE PIECE 第1035話より引用-

アルベルの手足を縛っていた鎖に秘密がありそう。脱走したアルベルの手足には鎖がないのです。この鎖って海楼石で作られているのかな?

もしもあの鎖が海楼石だとすると、海楼石はルナーリア族の体質(ルール)を無効化する働きを持っている事になるんです。



【背中の火は悪魔の実の能力ではない】


キングの燃える背中はプテラノドンの特徴ではない -ワンピース最新考察研究室.1032
-ONE PIECE 第1032話より引用-

キングは“リュウリュウの実”の古代種(モデル:プテラノドン)の能力者です。しかし背中の火は悪魔の実の能力とは無関係。それは種族(ルナーリア族)の特徴であります。

海楼石というのは悪魔の実の能力を無効化するモノであって、本来なら種族の特徴まで消せるとは思えないのです。それなのに海楼石で種族の特徴を消した上で耐久実験を行なっていた可能性がある。

ここをどう考えれば良いのか。

実は海楼石には、悪魔の実の能力の他にも消せるモノが存在していたのです。ここの話が関係してくるのかも知れません。



【海楼石と覇気の関係】


鬼ヶ島の決戦の2週間前、カイドウに敗北したルフィが囚人採掘場に収容されました。そこでルフィは海楼石の手錠をつけられます。この時ルフィは“ゴムゴムの実”の能力だけでなく…

海楼石の手錠があると覇気が使えない -ワンピース最新考察研究室.935
-ONE PIECE 第935話より引用-

覇気も使えなくなっていたのです。

ただし、このシーンがあるからといって海楼石が覇気を使えなくさせると考えるのは早いのです。ルフィが能力者だからこそ、海楼石によって覇気も抑えつけられていたと考えられるのです。

それはつまりですね…

海楼石によって抑え込まれたルフィ
-ONE PIECE 第169話より引用-

海楼石により能力者は力が入らない

リキむ事ができない

海楼石により能力者は覇気が使えない

この理屈ではないかなと。


悪魔の実の能力を持たない者… 例えばゾロに海楼石の手錠をつけたトコロで意味はないハズなのです。力が入らなくなる事はない。何の問題もなくゾロは覇気が使えるのだと思うのです。


海楼石が覇気を使えなくさせるのではない。

海楼石は能力者を弱らせる。

だから囚人採掘場で海楼石の手錠をつけられたルフィは覇気が使えなかった。その手錠をクイーンに外して貰ってからは使える様になったのです。

この事と今回のキングの話は繋がるのかも!!



【アルベルは能力者だった?】


キングをモルモットと呼ぶカイドウ -ワンピース最新考察研究室.1035
-ONE PIECE 第1035話より引用-

パンクハザードで耐久実験をされていたアルベルは能力者だったのではないか。すでに“リュウリュウの実”を食べてプテラノドンの能力を持っていた。

だからこその海楼石の鎖!!

アルベルが能力者だったから海楼石によって弱体化させられていて、種族(ルナーリア族)としての特徴も弱められていた。だから背中の火は消え防御力も落ちていた。

これが悪魔の実を食べていないルナーリア族だったなら、海楼石をつけたトコロで背中の火は消えないし防御力も落ちない。耐久実験がしたいなら悪魔の実を食べさせなければならない。

こういう事になるのかも。

ならば…

・キングの体質(ルール)
・ルナーリア族の体質(ルール)

↑この2つは微妙に違って来るんです。

海楼石の効き目の有無です。

キング(アルベル)に関してはルールが1つ追加されているという事になりそうなんです。動きが速くなった時だけじゃなく…

キング「お前は世界を変えられるか?」-ワンピース最新考察研究室.1035
-ONE PIECE 第1035話より引用-

海楼石をつけられた時も背中の火が消えて防御力が落ちる。それはキング(アルベル)が能力者だから。海楼石によってルフィが覇気を使えなくなったのと同じく、キング(アルベル)も種族の特徴を抑えられていた。

これなら説明がつきそう!!



【まとめ】


キングの体質(ルール) -ワンピース最新考察研究室.1035
-ONE PIECE 第1035話より引用-

「おれの体質(ルール)」

それはすなわち“キングの体質(ルール)”という事なのですが、研究所での描写を見る限り動きが速くなった時だけ背中の火が消える訳ではなさそうなのです。

なぜ身動きが取れない状態で背中の火が消えていたのか。どんな方法を使って種族の特徴を消したのか。耐久実験が行えたのは何があるからなのか。

アルベルと鎖 -ワンピース最新考察研究室.1035
-ONE PIECE 第1035話より引用-

手足を縛っていた鎖に秘密があるのかも。ここに海楼石が関係してるなら、海楼石が取れたから背中に火がついたのかも知れない。

海楼石と背中の火… これは“ルナーリア族の体質(ルール)”の1つと言えるのだろうか。そうではないのかも知れないのです。

あの時アルベルはすでに悪魔の実の能力者だった可能性がありそう。それなら“キングの体質(ルール)”に海楼石が関係しても不思議じゃありません。

どんな秘密があるのでしょうね?

関連記事
スポンサーサイト



SHARE

コメント 8

There are no comments yet.
-
2021/12/22 (Wed) 12:29

ルナーリア族は石炭人間
熱を加えると化学反応を起こし、炭素が硬くなりダイヤモンドになるので防御力UP、しかし身体は重くなる。
熱がない状態だとダイヤにならず斬られる。しかし軽い状態なので動きが早い。

ぼたん
2021/12/22 (Wed) 17:49

ルナ―リア族の体質は、かつて「神」と呼ばれていただけあって「人を超越」している。
それはまるで、超人的な力を得る「悪魔の実」の様。
悪魔の実も、そのルーツが謎の“人為的な”果実。
(※ブキブキの実 等の存在より。)
超人的な体質を持つルナーリア族と、超人的な能力を得る事の出来る悪魔の実。
「月」にそのルーツがあると思われるルナーリア族同様に、悪魔の実も太古の昔に「月」で生まれたのかもしれない。
もしかするとルナーリア族自体も、月の超科学で幾つかの能力(ルール)を付加した超人…?
その理由は…太古の昔、青色の星に向かう際に自分達の身を守る為か。
キングを捕らえ様々な研究・実験をしていた世界政府(=ベガパンク?)。
ベガパンクが「人造悪魔の実」を完成させていた事も、その両者の結びつきを強くするか。(本人は「失敗作」と言っていたけど)

チャルロス
2021/12/22 (Wed) 18:39

知れば知るほど面白い奴だえ〜!
買ってやるえ〜!

ななし
2021/12/23 (Thu) 03:49

「背中の火が消えるのは動きが速くなった時のハズなんです。」→これ論理逆じゃないですか?動きが速くなった時に火が消えるんじゃなくて、火を消したら速く動ける。
背中の火はキングは思うままにつけたり消せたり出来るのでは?背中の火が消えてるのに速く動いてなくても、別にルールとは矛盾してないと思いますよ。

ひーちゃん@管理人
2021/12/23 (Thu) 04:09

どちら様かコメントありがとうございます

> ルナーリア族は石炭人間
> 熱を加えると化学反応を起こし、炭素が硬くなりダイヤモンドになるので防御力UP、しかし身体は重くなる。
> 熱がない状態だとダイヤにならず斬られる。しかし軽い状態なので動きが早い。

面白いですね!!

ゾロに関しては、いつかダイヤモンド斬りもやってくれそうでして。色々と考えたくなりますね!!

ひーちゃん@管理人
2021/12/23 (Thu) 04:13

コメントありがとうございます ぼたんさん

キング(ルナーリア族)と悪魔の実は同一って事になるんですかね。どちらも人工的な手が入っているという事でしょうか。

ちょっと話が壮大すぎて… 僕の理解を超えてしまってます(汗

ひーちゃん@管理人
2021/12/23 (Thu) 04:15

コメントありがとうございます チャルロスさん

すごい種族がいたもんですよね!! 笑

ひーちゃん@管理人
2021/12/23 (Thu) 04:31

コメントありがとうございます ななしさん

その考え方もありますよね!! わかります!!

どうしてアルベル(キング)は怪我をしてるのか?という話の前にそれはあるんですよね。

その考え方から、耐久実験においてアルベル(キング)はなぜ火を消して防御力を落としたのかも考えなければなりませんね!!

ワンピース最新話考察/感想/ネタバレ