ワンピース考察【ワノ国】 - ONE PIECE最新考察研究室

    記事一覧

    花の都の城の地下にあるポーネグリフの存在

    花の都の城の地下、強固な扉のある地下室にポーネグリフが安置されています。木彫りの人形(こけし)が並ぶ変な部屋だとブルックは言っていましたが… この地下室について謎があるのです。ー画像はONE PIECE第934話より引用ー  ...

    続きを読む

    【鎖国国家】空白の100年の記録とワノ国

    ワノ国は他所者を受け付けない鎖国国家。世界政府への非加盟を貫いた国だとされています。侍リューマの伝説もありますし、外敵から国を守り続けて来れたのだと思うのです。ならば国の歴史も守り続けて来れた筈なのですが…。ー画像はONE PIECE 第655話より引用ー...

    続きを読む

    【黒ひげの謎に迫る(後編)】黒ひげティーチに潜む2つの魂

    黒ひげの謎に迫ってみようシリーズの後編であります。どうも “黒ひげ”マーシャル・D・ティーチは1人じゃなさそうです。人間1人につき1つだけの筈の悪魔の実の能力が2つ持てたからですよね。どうやら世界政府に犯罪者と認定された何者かがいそうだぞ、と。では続きを行きましょう!!ー画像はONE PIECE第236話より引用ー  ...

    続きを読む

    【鬼ヶ島のドクロ】ズニーシャの声の主とは…?

    第967話“おでんの冒険”にてー 4つ目のロードポーネグリフがある「ゾウ」へとやって来たロジャー海賊団。どうも光月おでんとロジャーの様子がおかしい。ロジャーは言いました…何だかよ…巨大な何かにずっと見られてる様な…描かれているのは“くじらの樹”です。ー画像はONE PIECE 第967話より引用ー...

    続きを読む

    モモの助は天羽々斬を手に戦いはしないのか!?

    侍達の総大将として鬼ヶ島にやって来た光月モモの助。しかし 彼は刀を持って来ていないのです。あれだけ真剣に稽古をしたんです。その成果を見せる時が来ると思うのですが…。ー画像はONE PIECE 第934話より引用ー...

    続きを読む