【兎丼制圧】ルフィは採掘場の全てを掌握したのだろうか - ONE PIECE最新考察研究室
FC2ブログ

    記事一覧

    【兎丼制圧】ルフィは採掘場の全てを掌握したのだろうか

    兎丼制圧
    看守長ババヌキを撃破し、幹部塔から駆けつけたソリティア達を倒す事で兎丼の囚人採掘場は事実上は制圧となった。しかしながら、どうも釈然としない部分があるんです。その話をまずさせて頂きたいのです。






    第949話のラスト。採掘場の全景をバックに…


    決戦8日前ー 敵本陣にバレる事なく 「兎丼」制圧!!




    こうナレーションが入っています。叫び声は看守達のものでしょう。
    兎丼の作業場は5つに分かれる
    この採掘場にはルフィ達のいる場所と同じ広さの作業場が四ヵ所あるんでしたよね。計五ヵ所の作業場です。今回のラストコマは、その全ての作業場で囚人達が蜂起し、兎丼の採掘場が完全にオロチ&カイドウの手から離れた。それを描いているんだと考えられます。ゆえに「制圧」。


    あのヒトコマだけから得られる情報はとても少ない。どういった状況だったかは想像するしかない。


    四皇ビッグ・マムの移送の為に大看板クイーンは去り、残されたのは必要最低限の看守のみとなった採掘場において。一番の実力者はクイーンから全権を任されていた看守長ババヌキ。
    ババヌキの最期
    これを撃破したんですからね。あとは大した戦力は残っていなかった筈。囚人達で何とかなったんだと思うんです。


    そこから僕が考えるに。計五ヵ所の作業場の囚人が一致団結して看守達を倒したとは言えないのではないか。それぞれの作業場で看守達が各個撃破されたと考えて良いのではないか。ルフィが今回 そうした様に、他の4ヵ所の作業場でも何者かが囚人達を鼓舞した上で反逆したのではないか。
    かつてのワノ国を裏で支えたヤクザの親分達
    かつてのワノ国を裏から支えたヤクザの親分達です!!


    つまり、五ヵ所の作業場にはそれぞれボスがいて、その1つのボスがルフィである。こういう構図になってるんじゃないかと言いたいんですね。採掘場全体はオロチ&カイドウの支配下ではなくなった。しかし、何もルフィ達が採掘場全体を掌握した訳ではないのではないか、と。



    その親分達に対しては、ヒョウ五郎が口を利くと話してくれてました。みんな喜んで「光月」の為に戦うだろうと言ってました。果たして それは本当だろうか。
    20年間のブランク
    ここでアシュラ童子の言葉が迫って来るのではないだろうか。


    光月家の侍達が帰ってきたと皆が歓喜すると思うな!? お前達は20年間!! 国を捨てとったんだ!!! そのブランクは戻らん…!!





    土下座した錦えもんに対してアシュラ童子が…
    酒天丸が見せたいもの
    ↑ 少なからず態度を軟化させた風な描写がありました。しかしながら、まだ何を見せたいのかは不明ですから楽観視するのは早い。ただ、聞く耳は持ってくれたんです。頑なな拒否ではなくなりました。


    じゃあ あの言葉は何だったんだ? となるんです。花の都で“判じ絵”を配れば何人もの侍(町人も含む)が光月家の到来を待っていたかの様でした。20年のブランクに腹を立てていたのはアシュラ童子のみだったんです。そのアシュラ童子も態度が少し変わりつつある。だから思うんです。


    この兎丼の採掘場にて20年間のブランクを突き付けられるのではないだろうか!!?



    モモの助と赤鞘九人男は元より、ルフィもです。この兎丼制圧のキッカケをくれた事は感謝する。しかし「光月家」の為に戦うかどうかは別の話だ、とね。決戦まであと8日です。あと8日しか無いのか。まだ8日もあるのか。


    この8日間で どうにか20年のブランクを埋めなければならないのではないか。一つずつ作業場を巡ってヤクザの親分達と話をつけに行かなければならないのではないだろうか。
    ルフィの掌握力
    今回見せたルフィの掌握力。まだまだ これからなんじゃないのかな? ルフィの王の資質が炸裂するのは、ヤクザの親分達と対峙した時こそ見られるのかも知れない。


    まるで光月おでん様を見る様だ… とね。ルフィに対して思わせる事になるんじゃないのかなぁ。どうなるんでしょうか。もしも そうなるのなら、その為にも早く体を治さねばなりませんね!!!


    僕はまだ採掘場全体を掌握したとは思ってないんです。制圧は成されたとは言えです。ヤクザの親分達が謎のままなんです。一緒に戦わなかったんです。ここには意味があると思います。どうなるか待ちたいです!!
    にほんブログ村 漫画ブログ 漫画考察・研究へ
    にほんブログ村



    関連記事
    スポンサーサイト



    コメント

    コメントの投稿

    非公開コメント