カイドウに忠誠を誓った福ロクジュとホテイは…どこに? - ONE PIECE最新考察研究室

    記事一覧

    カイドウに忠誠を誓った福ロクジュとホテイは…どこに?

    福ロクジュとホテイはカイドウに仕える -ONE PIECE最新考察研究室.986

    元“お庭番衆”隊長の福ロクジュと元“見廻り組”隊長のホテイ。それぞれ5千人を率いていましたから計1万人です。その忍者や侍の姿が見られないんです。第986話を最後にピタリと消えました。どうなってるんだ!?

    ー画像はONE PIECE第986話より引用ー










     
    もう少し推移を見守るべきか悩んだんですけどね。この辺で1回触れておくのも悪くないかなぁと。描写されているモノだけじゃなく、描写されないからこその謎というのもありますからね。読んで下さった方も色々と考えて頂ければと思います。


    とにかく福ロクジュとホテイは戦いもせずに軍門に降ったのです。その様子を見ていたヒョウ五郎は「武士の風上にもおけん奴らめ!!」と怒っていました。そのヒョウ五郎が戦うのは…

    戦うヒョウ五郎 -ワンピース最新考察研究室.989

    やはり百獣海賊団の兵士なんですね。これから“飛び六胞”の足止めに向かおうとしています。どの戦闘シーンを切り取っても、ワノ国の侍同士が戦う描写などありません。敵は百獣海賊団とマムです。


    それより何より、福ロクジュもホテイも消えたんですね。個性的な“お庭番衆”の忍者集団の…

    オロチお庭番衆

    誰1人として描写されないんです。“見廻り組”の方にも個性的なメンバーが沢山いたのに見られません。チラリと登場してくれるだけで良いのにね。何をしてるのか気になって仕方がありません。


    どうして気になるかというと…

    オロチの首をはねるカイドウ -ONE PIECE最新考察研究室.985

    オロチの死に疑問があるからです!!


    本当に死んでしまったのでしょうか。このオロチの生死と今回の事には関連があるんじゃないか。ここなのです。そこで首をはねられたオロチがどうなっているのかが気になりますよね。

    ガレキ?オロチの死体? -ワンピース最新考察研究室.988

    ↑この赤丸で囲ったのが何なのか。赤鞘九人男が突入した時のガレキなのか… はたまた横たわるオロチなのか判別がつきにくい。ステージ上の描写で気になるのは、この第988話のヒトコマだけであります。


    このステージにはキングもクイーンもいます。ですから、オロチの生死と消えた福ロクジュ達を関連付けようにも“大看板”の2人が大きな障害になっています。そうそうステージ上で不審な行動は取れない筈なのですが…

    キングとSMILEの能力者による空の壁 -ワンピース最新考察研究室.989

    ↑この時なんです。キングは空を飛んでいて、クイーンがブラキオサウルスに変化してルフィとゾロを咥えた時です。ステージ上に一瞬の隙が出来るんですね。


    第989話の最終コマでもクイーンはブラキオサウルスの姿のまま。キングもまたプテラノドンになっていて、おそらく2人が注視しているのはステージ下のライブフロアに集結した麦わらの一味であります。ずっとステージ上がお留守になってるんじゃないのか?と。


    この間に、もしもオロチが生きてるんだとすれば、忍者集団である“お庭番衆”なら何か出来たのではないか。コッソリとスマシか電伝虫でオロチから指示が出せたんじゃないか。これについてはどうなんでしょうね。


    別の記事でも書いていますが、すでにオロチはカイドウに首をはねられていて、それをルフィも見ていた筈なのですが…

    ルフィによる全面戦争の相手 -ワンピース最新考察研究室.987

    ルフィは全面戦争の相手の中に「オロチも部下も」含めていたんですね。まだオロチと福ロクジュ&ホテイについては終わってない気がするのです。この決戦のどこかでサプライズ的に登場するんじゃないだろうか。


    オロチが生きているんだとすればヤマタノオロチの能力が絡んでいるのかも。もしも生きているのならカイドウに大きな恨みを持っているでしょうし、必ずや仕返しに動くでしょう。だからって将軍の座は明け渡したくはない筈。ルフィやモモの助の敵であるのは間違いない。この立ち位置になるのかな?

    福ロクジュとホテイはカイドウに仕える -ONE PIECE最新考察研究室.986

    福ロクジュとホテイが消えたのは伏兵として潜んでいるからかも。どこかで奇襲を仕掛けて来るのかも知れませんよ?


    まぁしかし福ロクジュ達は腰抜けなんです。スキヤキからオロチへの将軍交代の時にしたって、忠義も何も持たない奴らなのは確定しています。今さら何が出来る?って話なんですよね。ただ単に日和見を決め込んでる可能性もあるんです。


    何にせよ再登場はある筈です。どんな風に出て来るのか注目したいですね!!
    関連記事
    スポンサーサイト



     

    コメント

    No title

    首をはねられたオロチが、その後登場しているシーンがあります。
    しっかり読み込む人なら気付いてらっしゃるかもしれませんね…。

    この記事はタイムリーになりましたねw

    今回福ロクジュが意味深な動きを見せており、やはりオロチの動向との関連が気になりますね。
    もし仮にオロチが首を斬られても生きている能力を持っているとして、福ロクジュがそれを知っていたのだとしたら、カイドウに寝返ったという事自体が見せかけで、何かの狙いがあったとも考えられます。

    しかし例えオロチが生きていたとしても、カイドウに切り捨てられた状況には変わりありません。
    そんなオロチが頼みに出来る相手がいるとしたら、もはやCP0またその背後にいる世界政府しかないでしょう。
    政府側としてもオロチ自体の利用価値はもとより、光月の返り咲きが成ってワノ国が開国される事は都合が悪いとも考えられます。
    この先の成り行きによっては介入してくるかもしれませんね。

    No title

    福ロクジュは監視の為にワノ国に送りこまれた世界政府側の人物だった説。
    それもイム様や五老星に近いのかもしれませんね。全てを知ってる訳ではないと思いますが。

    おでんはラフテルで鎖国の理由と開国の時期が来た事を知りましたが、だとしたら開国はきっと五老星側には都合が悪い事のはず。

    そういったワノ国の危険性を分かっていたとすれば、諜報員はずっと昔に送り込んでいたのかも。
    そして歴代の御庭番(隊長のみ?)として、いざという時には阻止する役目を引き継ぎ続けてきたのかもしれませんね。
    時代劇にもこういう”草”と呼ばれる存在はよく登場します。

    そう考えると光月にもオロチにも忠誠心が無いのは当然ですし、開国を目指したおでんは論外でしょう。
    そして今の状況ではルフィ(赤鞘)、カイドウ、どちらが勝っても危険でしょうし、第三者としてポーネグリフの確保に向かったのかもしれませんね。

    コメントありがとうございます ウデロンさん

    > 首をはねられたオロチが、その後登場しているシーンがあります。
    > しっかり読み込む人なら気付いてらっしゃるかもしれませんね…。

    僕は気付きません。どこでしょうね?

    コメントありがとうございます コンドロイチンさん

    本当に驚きました!! 書いてすぐに出るなんて想定してなかったんですよね。

    書き込んで下さった内容の通りなんですが… どうなるのか楽しみです!!

    コメントありがとうございます joeさん

    > 福ロクジュは監視の為にワノ国に送りこまれた世界政府側の人物だった説。

    凄く面白いと思いまして記事にさせて頂きました。勝手して申し訳ありませんでした。もっと早くお返事させて頂くべきでした。すみません!!

    コメントの投稿

    非公開コメント

    関連記事