【見せてェモン】アシュラ童子は錦えもんに何を見せるのか - ONE PIECE最新考察研究室
FC2ブログ

    記事一覧

    【見せてェモン】アシュラ童子は錦えもんに何を見せるのか

    共に戦ってはくれぬか!!! アシュラ!!!

    これまでの非を詫び土下座して頼み込む錦えもん。その言葉を静かに聞いていたアシュラ童子が言います…
    酒天丸が見せたいもの
    ついて来い… 見せてェモンがある…!!


    何を見せるというのでしょう。






    アシュラ童子について1つ気になっていた描写がありました。

    SMILEについて尋ねるアシュラ童子
    「スマイル」を知っとるか

    博羅町で「光画タニシ」の映像を見ていたアシュラ童子と錦えもん、イヌアラシの3人。そこに映し出されていたのは康イエの死を大笑いする“えびす町”の人達です。それを見てアシュラ童子は聞いているんですね。錦えもんとイヌアラシにSMILEという果実がどんなものなのかを。当然アシュラ童子は知ってて聞いているんですよね?


    なぜ 知っているの???


    九里にも“えびす町”と同じ「おこぼれ町」はあります。でも大違いだったんですよね。九里の方はというと可哀想な子供達や…
    おこぼれ町の悲惨な状況
    悲惨な状況の数々が描写されるばかりでした。みんな泣いていました。失敗作のSMILEの影響などは描かれていなかったんです。


    それもその筈なんですね。“えびす町”だけの話なんですから。
    失敗作のSMILEに目をつけたオロチ
    その町に向けてだけ失敗作のSMILEが混ぜ込まれていたのです。あのオロチによって。


    百獣海賊団に関係する者は別として、九里にまではSMILEのリスクの影響はなかったのではないかと思うんです。なのにアシュラ童子がそれを知っているとすれば何が考えられるのでしょう。もしかすると、頭山盗賊団の中にSMILEのリスクを受けた者がいるのではないかな?あるいはアシュラ童子がよく知る人物ですね。


    つまり アシュラ童子が錦えもんに見せようとするのは…


    SMILEのリスクを受けた人物?


    こう考える事も可能ではないだろうか。アシュラ童子の近辺(親しい人)に、“えびす町”に立ち寄った事のある人物がいるのではないだろうか。そこで失敗作のSMILEを食べてリスクを受けてしまった?と。そう考えれば1つ浮かぶんですよね?
    屋敷図は九里から来た男に奪われた
    カイドウの屋敷図を奪って行った九里から来た男!!!


    それは カイドウの屋敷図を必要とする者… です。


    まさか…


    河松・傳ジロー・アシュラ童子


    傳ジロー!!?


    思い返せば傳ジローというのは…
    カイドウに立ち向かうアシュラ童子と傳ジロー
    アシュラ童子と共にカイドウに立ち向かっていました。

    また、この2人は揃って…
    おでん城に駆けつけた赤鞘九人男の5人
    おでん城には駆けつけなかったんです。


    オロチの手の者に捕まったイヌアラシとネコマムシは別として、この2人の20年前の足取りが揃って不明なんですね。おでんの処刑の日、2人は共に居たんじゃないだろうか。そして、その後の交流もあったのではないだろうか。アシュラ童子は興味が無かったのだが、傳ジローはカイドウの屋敷図を奪いに花の都を訪れていたのではないか。その道すがらの“えびす町”で失敗作のSMILEを口にした?


    ここまでが浮かんだんですよね。どうなんでしょうか。でも、傳ジローの足取りをアシュラ童子は知ってる様な気がするんです。



    SMILEのリスクを受けてしまった傳ジロー。もう恩人であるおでんの死を悲しめない。大笑いしてしまう。その赤鞘九人男の今をアシュラ童子は錦えもんに見せようって事じゃないのかなぁ。主君おでんの仇打ちなら駆けつけたい… しかし もうアイツは人前には出られなくなったんだ、と。


    あの人相書きから人斬り鎌ぞうが傳ジローと思われていたんですよね。
    キラー!!?
    しかし、鎌ぞうの正体は失敗作のSMILEを食べさせられたキラーだった。これは傳ジローの今を示唆するものだったのではないか。


    どうも気になるんですよね…。


    親の死も悲しめないSMILEのリスク。これ以上ない地獄と語られます。ならば、主君の死も悲しめないというのも出そうな気がするんですよね。“えびす町”の人達やおトコ、そしてキラーを治す事が可能なのかどうか。ここと傳ジローを絡めても面白いと思いました。錦えもんが走るんじゃないのかな、と。それを乗り越えての共闘となるのも流れとしては良さそうな。これで待ってみたいです!

    にほんブログ村 漫画ブログ 漫画考察・研究へ
    にほんブログ村



    関連記事
    スポンサーサイト



    コメント

    コメントの投稿

    非公開コメント