飛び六胞ササキは魚人族?能力者? - ONE PIECE最新考察研究室
FC2ブログ

    記事一覧

    飛び六胞ササキは魚人族?能力者?

    飛び六胞ササキ

    飛び六胞の1人ササキ。大看板への対抗意識の強い彼は その容姿から魚人族と考えて良いのでしょうか。また能力の有無も気になるトコロです。なぜならロー達の進軍の壁になるやも知れないからですね!!

    ー画像はONE PIECE 第979話より引用ー










    ササキの種族を考える上で最も知りたいのはヒレの存在なのかも知れません。ただ、この魚人族と手のヒレに関しては謎が多いんです。それは大看板ジャックのせいなんです。海底に沈められても無事だったジャックは魚人族かも知れない。にもかかわらず…

    ネコマムシと対峙するジャック
    ONE PIECE 第809話より引用

    ジャックの手の指と指の間にヒレなど無いんですね。シルエットでもハッキリ分かる様に描かれています。何かあります。ジャックが特例なのか魚人族にも色々とあるのか定かではありません。


    ここで1つ書いておきたいのは、ジャックはタマカイの魚人とされている点です。タマカイ(スズキ目)という魚は“魂交”と書きまして「魂が交わる」と読み取れるのです。ジャックというのは人間と魚人族の魂が交わっているのかもね。純粋な魚人族とは言えないのかも。ジャックのベースが魚人族で間違いないのだとしても。

     


    そして次にササキが能力者であるのかどうかです。当然そうだろう。何なら飛び六胞は全員がゾオン系古代種ではないかと見る向きもありましょうか。ここもまた、

    飛び六胞ブラックマリア
    ONE PIECE 第978話より引用

    ブラックマリアがSMILEの能力者っぽいツノを持ってる点がヤヤこしい。SMILEの能力者が能力(動物)を出したり引っ込めたりできるのはギフターズ真打ちシープスヘッドの例があります。ブラックマリアもそのタイプのSMILEの能力者なのかも。


    SMILEで古代の生物が実現できたのかは注目です。ブラックマリアがドレーク(恐竜)やページワン(恐竜)と揃っているのかどうかですよね。そして その次にササキなのです!!


    どうしてササキが能力者であるかどうかを問題にするかと言いますと。これから飛び六胞の面々がカイドウの息子ヤマト捜索の任務に当たります。成功報酬である大看板への挑戦権が懸かってる。我先にとバラバラに鬼ヶ島内を捜し回るのでしょう。その事が…

    討ち入りの軍勢の進路
    ONE PIECE 第979話より引用

    敵方にバレずに進む討ち入り軍の障害になるんだろうと予想できますよね。突然 錦えもんや傳ジローの目の前に飛び六胞が現れる恐怖です。


    じゃあロー達は安全なのかな?

    海底を進むローの潜水艇
    ONE PIECE 第979話より引用

    海底を進むローの潜水艇は飛び六胞の脅威に晒される事なく裏口へ行けるというのでしょうか。


    これがもし、ササキが魚人族であって能力者ではなかった場合に話がガラリと変わる訳です。安全だった筈が一転して危険な航海になってしまう。でもコチラにも魚人族がいる。カッパの河松が居てくれているんです。この流れもまた面白くなりますでしょ?


    飛び六胞の全員がゾオン系の能力者と考えるのは否定しません。でも、そう考える事で思考停止となるのが勿体ないと問題提起したいのです。ローが考えた作戦には全く不備が無かったとして良いのかどうか。潜水艇の方にも危険が迫る可能性があるのかも知れない。


    もしも海中にもヤマト捜索の手が及ぶのなら、ヤマトとは一体何者なのか?って話にもなりますけどね。海に出て外から鬼ヶ島内のヤマトを捜そうとする者もいるのかも知れません。そこに指名したいのがササキって話なのです。

    カイドウから飛び六胞への任務は失踪した息子ヤマトを連れ戻す事
    ONE PIECE 第979話より引用

    僕がカイドウから任務が出たシーンを見た時、あらゆる場所に捜索の手が回るんだろうな思いました。飛び六胞それぞれの特性による捜索が始まるんじゃないかな?って。空を飛べる者や地中に潜って捜しに出る者、または海に出てる者もいるかもって風にです。


    さぁ ササキは魚人族なのか、はたまた能力者なのか。それによってロー達も安全とは言えなくなりますよ!! どうなるか見守りたいですね!!


    ONE PIECEランキング  
    関連記事
    スポンサーサイト



    コメント

    No title

    タマカイという魚は実際にいますよ
    ジャックはそこから取ってると思います

    https://ja.m.wikipedia.org/wiki/%E3%82%BF%E3%83%9E%E3%82%AB%E3%82%A4

    どちら様かコメントありがとうございます

    スミマセン 言葉足らずでした!! 一部 分かりやすい様に補足を入れさせて頂きました。感謝します!!

    No title

    こんにちは

    ジャックの種族名ってどこかで出ていましたっけ?
    今までの回では特に触れられてなかったと思うのですが。

    コメントありがとうございます フォウさん

    こんにちは

    ファンブックのVIVRECARD(ビブルカード)からの情報ですよ。

    No title

    ご返信ありがとうございます。

    ビブルカードというのは誤植や設定間違いが非常に多く、どこまで尾田先生がチェックしてるかも定かではないため、考察の根拠として信用できるのかどうかは微妙です。
    ジャックに関する記述を採用すると彼は覇気を修得してない事になりますが、その可能性は低いでしょう。

    本編やコミックスで確定してるソース以外には安易に飛びつかない方がいいと思いますね。

    これまで登場した魚人の種族は魚の名前以外の意味は持たされてなかったので、ジャックのタマカイだけそういった解釈をするのは無理筋な気がします···
    魚人のハーフは半魚人とか魚巨人とかちゃんとそういう種族名で呼ばれてますし。

    お返事ありがとうございます フォウさん

    私の書く記事が悪いのだと思います。理解し難い文章なのでしょう。それを棚に上げるつもりはございませんが、あまりに問題とされる事柄が取るに足らない内容で、私としては何とも言いようがございません。

    失礼いたします。

    コメントありがとうございます りんご飴さん

    この件につきまして。

    記事中にてジャックの手にヒレが見られない事を起点として話を進めさせて頂いています。その点を理解頂ければと思うのですが、もっと補足説明が必要であったのかも知れません。

    ご意見をもとに記事の書き方を考え直します。

    ビブルカードねぇ
    結構グダグダなんですよね、これw
    https://one-piece.com/vivre/revision.php

    必ずしも全然当てにならない訳じゃないですが、本編でウラが取れるまでは参考程度に思ってた方が無難かもしれないですねw

    コメントありがとうございます CP00さん

    この記事を読まれて なぜその様な話になるのか理解に苦しみます。


    何を仰りたいのでしょう。首をかしげてしまいます。。。

    No title

    初めまして。
    タマカイ=魂交 こうゆう考察好きです!
    カイドウのリンリンの大きな借りのヒントかも?

    No title

    魂交ですか。
    確かにそういう読み方するみたいなので有り得なくはないと思います。
    ただこういう漢字を当て嵌めて解釈するやり方は何でもありになるんですよね。
    カイドウは快童と読めるからジョイボーイだとかいう考察はよく見かけました。

    またワンピースは老若男女いろんな人に向けて描かれてる作品です。
    理解するのにあまり一般的でない知識を必要とする内容は尾田先生の好むところではないのでは。

    Re: No title

    コメントありがとうございます ラグナさん

    はじめまして

    まだ考察と呼べるまでの事は書けていませんけれど。楽しんで頂けたなら嬉しいです!!


    カイドウのシンボルマークには黒ひげ海賊団と共通する部分があります。大腿骨の数なんですね。もしも黒ひげティーチの異形に魂に関して何か秘密があるのなら面白くなりそうです。

    ほんの一部分だけでもカイドウとティーチには共通するモノがあるのかも。そしてジャックだけが腰のバックルにそのマークを持つのも気になります。どうでしょうかね。

    コメントありがとうございます joeさん

    どうしてその一部分だけを切り取ってしまうのでしょう。

    水中で無事だったジャックの手にはヒレが見られない。ここをまずスタートとさせて頂いてます。その種族としての疑問点にタマカイ(魂交)を絡めているだけであって。そこが私には理解できないのです。

    このjoeさんのコメントは僕だけではない、多くの方々を否定してしまっている事を御理解頂きたいです。

    何より尾田先生を引き合いに出すのは非常識ではありませんか?


    失礼します。

    コメントの投稿

    非公開コメント