ワノ国「九里」の現状とその背景 - ONE PIECE最新考察研究室
FC2ブログ

    記事一覧

    ワノ国「九里」の現状とその背景

    光月おでんを出迎える錦えもん達

    懸命に預かって参りました「九里」は… 今…ワノ国は


    どうなってるの!!?

    ー画像はONE PIECE 第967話より引用ー










    「ワノ国」の何かが豹変しているのは背を向けていてもわかった


    「ワノ国」の何かが豹変しているのは 背を向けていてもわかった

    ーONE PIECE 第967話より引用ー




    何が豹変しているかは一目瞭然です!!


    武器工場が建設されているんですよね。囚人採掘場に関しては、光月おでんが海に出る以前から存在していた様です。彼も収容された過去があって、そこで石工の棟梁にまでなりましたから(第960話)。わずか10歳でね。


    武器工場となるとコレですよね。


    川の汚染!!


    武器工場の建設により綺麗だった川が汚染された。それによって安全な食糧の確保が急務となった黒炭オロチにより「桃源農園」が接収された!!


    本来は光月おでんが九里の人の為に作った農園。

    桃源農園には安全でおいしい食料と きれいな水と着物がある
    ONE PIECE 第914話より引用

    そこには安全な食べ物や綺麗な水、そして着物がある。それらを黒炭オロチに奪われてしまったんでしょうね。錦えもん達は守れなかった。だから錦えもん達はツギハギの着物を着ていたのではないでしょうか。


    おそらく 九里は困窮状態。食う物も食えずの状況にあるのでは!?


    これがパンクハザードでの描写に繋がると考えます!!

    錦えもん「生きようぞ モモの助!!!」
    ONE PIECE 第696話より引用

    サンジが用意してくれた料理に対する錦えもんとモモの助の描写ですね。尋常ならざる何かがあったのは見て取れました。サンジも「相当な訳アリだ」と言ってましたよね。


    これは、この第967話の件があっての事だったのではないかと考えます。トキと共にモモの助はワノ国に残るんですね。父おでんの航海には同行しない。残ったワノ国「九里」には安全な食べ物が無かったんじゃないか。これから数年間、満足な食事にありつけない生活を強いられていたのかも。お玉がそうだった様に。


    そして、加えて注目したいのが…

    モモの助「せっしゃ腹など…すいておらぬ!!」
    ONE PIECE 第696話より引用

    モモの助は、人からの施しに対して極端な拒絶反応を示すんですね。サンジの料理に対しても、ビスケットルームの子供達に対してもです。

    その事で錦えもんは こう諭すのです。


    モモの助! …大丈夫…!! 大丈夫でござる!!

    <中略>

    この者達は信用してもよいのだ…!!

    ーONE PIECE 第696話より引用ー




    そう言って 先にバクバクと食べて見せる。


    つまり、信用できない誰かからの食料の施しがあったんでしょう。それを頑なに断っていたんじゃないでしょうか。そう考えるなら、黒炭オロチから「従うのなら食わせてやる」という風な事を言われてたんじゃないかな?と。


    では、


    【どうして桃源農園を奪われてしまうのか】


    それは そもそもの武器工場の建設が何の為だったのかを考えなければならないと思うんです。まさか密貿易の為なんて言える筈がありません。ワノ国の人々を納得させる理由があった筈なんです。しかし、これを書くとなると僕の想像に頼る部分が大きくなってしまいます。ゆえに、ここからは展開予想とさせて頂きます。


    【展開予想】

    ある日 老婆が神託を告げる…

    老婆とオロチ
    ONE PIECE 第965話より引用

    数年後 このワノ国に海賊が訪れて大きな災いをもたらす。備えなければならない。


    これを受けて 黒炭オロチが武器工場の建設を決定する。それにより国は汚染されるが、海賊に国を支配されるのと どちらが良いのかと人々に問う。鎖国を守りたくはないのか?と。


    大量の武器が備蓄された頃… 本当に海賊が襲来する(海賊騒ぎ)。先の老婆の言った通りであり、オロチの判断は間違っていなかったと人々の支持を得る。しかし海賊を呼び込んだのはオロチと老婆。


    カイドウと、その当て馬にモリアをワノ国に誘い込んだオロチと老婆。モリアを撃退したカイドウはワノ国の守り神「明王」に祭り上げられる。事実上のワノ国の支配権をカイドウが手にする。


    おわり

     



    この「白舞」こそが唯一正規の「港」を有する郷
    ONE PIECE 第942話より引用

    ワノ国唯一の正規港である白舞の「潜港」には康イエが控えていますから、武器工場が建っているからといって密貿易はまだの筈だと考えます。何の為に武器を作っているかと言えば「国防」を理由としたと思うんです。密貿易がまだなら武器は備蓄された筈。となると 何に備えての備蓄なんだって話になったんですね。海賊騒ぎが後に起こる。ここが繋がりそうだぞ、と。


    国を守る為の武器工場だから国の汚染は仕方ないと人々を納得させたとして。注目が集まるのは九里の桃源農園。そこにだけは安全な食べ物がある。九里の人々だけが食糧を独り占めしてると映ったのではないか?と考えました。差し出しなさいと。これが桃源農園が奪われる経緯ではないかと考えます。


    九里を占拠された訳でもないし、おでん城を奪われた訳でもない。桃源農園を奪われてしまったんだと思うんです。これが要であって。これを懸命に預かっていたのに守れませんでした。そう錦えもん達が言ってるんだと思うんですけれど。


    さぁ どうなってるんでしょうね?


    ONE PIECEランキング
    関連記事
    スポンサーサイト



    コメント

    コメントの投稿

    非公開コメント