【第963話考察】鎖国国家ワノ国にも例外なく差別思想がある - ONE PIECE最新考察研究室
FC2ブログ

    記事一覧

    【第963話考察】鎖国国家ワノ国にも例外なく差別思想がある

    九里ヶ浜に漂着したイヌアラシとネコマムシ。そして それを見つけた河松。
    磔にされるイヌアラシ、ネコマムシ、河松
    3人はワノ国の人々に見つかり激しい迫害を受けます。


    これは前々から分かっていた展開ではあるんですが、河松が「魚人」だったと明かされた事で、改めて大きな驚きをもたらしました。どうして こんな事になってるんだろう。










    永くワノ国を治める光月家とミンク族は
    第963話チョイ見せ!! 上段
    数百年も前から固い契りを交わした兄弟でした。


    そして光月家といえば、
    ポーネグリフは光月一族によって作られた
    ポーネグリフを作った一族でしたよね。


    ポーネグリフを残した人々と光月家は密接な関係にあったのだろうと推測できます。そんなポーネグリフを残した人々の中にジョイボーイがいたのだと思うんですね。ポーネグリフを使った謝罪文の差出人がジョイボーイだからです。歴史的記述ではなく謝罪文を頼んで刻んで貰ったのです。
    魚人島のポーネグリフ
    宛先は魚人島リュウグウ王国の人魚姫。


    ワノ国と魚人島との間に直接の繋がりは無かったとしても、ポーネグリフを残した人々を介して間接的に繋がりはあったと言えるのかも知れません。


    これらの事があるにもかかわらず、ワノ国の国内にミンク族や魚人族・人魚族を差別する思想があるなんて。ここに大きな疑問があるんです!! どうして そうなってるんだ?と。


    ずっとワノ国は鎖国をしていました。どうして鎖国をするのかの問いに花の都の子供が答えています。鎖国の反対である「開国」について説明するカタチで。


    国に悪い「人」や「考え」を招き入れる とっても悪い行いです




    ここに出て来る「考え」というのが具体的に何を指すのかは定かではありません。しかし、それが入って来ない様に国を閉ざして来たんだと思うんですね。世界政府(天竜人)をトップとする世界に広がる「考え(思想)」がワノ国には入って来ない様にです。


    ここに種族間の差別は無関係ではない様な気がするんです。世界に広がる「悪い考え」に差別思想は無関係ではないのではないだろうか。
    ルフィとジンベエ
    これからルフィの思想(考え)が それをブッ壊してしまうだろうからです。この問題は必ず何とかしなければならない。そういう風に物語は進んでるんですね。


    そんなルフィと同じ思想を…
    ある巨大な王国
    おそらく「ある巨大な王国」も持ってた筈なんです。そして、その王国こそがポーネグリフを残したのでしょう。ガッツリ光月家も関わってなければ変です。




    それなのに…


    河松(魚人)の過去
    ↑世界と変わらず魚人を差別してて どうするんですか。何の為の鎖国なんだ?って僕は思ったんです。少なくともミンク族に対する無知はダメでしょう。光月家と兄弟なんですもん。ずっと光月家が将軍としてワノ国を治めてたんですからね。



    何かある筈なんです!!



    そうなっている事には理由があるんだと思うんです。ワノ国とモコモ公国とで契りを交わす(同盟)のではなく、あくまでも光月家とミンク族とで契りを交わした事の意味ですよね。そういう事だから、光月一族ではない九里の人々によってイヌアラシ達は迫害された。


    加えて 鎖国に関しても、
    鎖国には光月と深く関わる理由があった
    「光月」に深く関わる理由があったと光月おでんは言います。


    鎖国とは言えど、国レベルで物事を見るのではなくて。光月という一族単体で閉ざして守って来たモノがあるのかなぁ。ワノ国として世界との交流を断っていたのは間違いないんだけど、実質は光月一族だけが閉ざして来てた。だとすれば、それって何だろう。


    ここに とても重要な謎が隠れてる気がします。


    ONE PIECEランキング
    関連記事
    スポンサーサイト



    コメント

    コメントの投稿

    非公開コメント