【第942話】康イエが提示した“新たな集合地”はどこ? - ONE PIECE最新考察研究室
FC2ブログ

    記事一覧

    【第942話】康イエが提示した“新たな集合地”はどこ?

    錦えもんが作った「判じ絵の札」を自らのイタズラだったと白紙に戻した事で、札が示す刃武港という決戦の集合場所も無かった事になった。しかし康イエは前もって…
    新たな集合地
    羅刹町に捕まった同志達に向けて“新たな集合地”を提示していた。これをコッソリと渡す為にも、康イエは丑三つ小僧として捕まる必要があったのでしょう。


    さて、どこから鬼ヶ島へ向かう事になるのか。


    考えられる場所は1つに限られてくると思うのですが…。






    九里ヶ浜ではないだろうか


    そう考える根拠は 大きく2つあります。


    【①サニー号を隠してある】


    滝登りでワノ国に入った際に渦に飲み込まれたサニー号が流れ着いたのが九里ヶ浜でしたよね。そこでお玉と巡り合う所からルフィのワノ国の冒険がスタートしました。
    九里ヶ浜に隠したサニー号
    そこで一旦はサニー号を見つからない場合に隠していましたよね。この九里ヶ浜が新たな集合地だったら手っ取り早いんですよ。麦わらの一味はサニー号で鬼ヶ島へ向かう筈でしょうし。



    【②主君おでんの領地から発つ意味】


    康イエが錦えもん達にメッセージを残しています。
    康イエからの最期のメッセージ
    行け 鬼ヶ島へ!! 主君の仇を討ち果たせ!!!


    此度の決戦は主君おでんの仇を討ち果たす為のものであって。それこそが光月トキの残した言葉の実現へと繋がる訳なんですね。九里はおでんが作った郷です。この地で一致団結して鬼ヶ島へ向かう事は、とても重要な意味を持つと思われます。



    九里ヶ浜というのは、九里の中でも編笠村の近くに位置していて。
    ワノ国の地図
    地図を見ればわかりますが、鬼ヶ島へ向かうにも遠回りにはならないんですね。刃武港に比べれば少し遠くはなりますが、鬼ヶ島へ面した海岸である事は違いない訳です。



    そこにもう1つ付け加えるなら、九里は他の4つの郷とは少し違ってるんですね。九里だけは花の都に隣接していないのです。まずは九里をオロチの支配下から独立させる方向へ持って行くのかも。そうする事で同志達も集合しやすくなる様な気がするんです。


    もしも、その流れになるというのなら。博羅町からカイドウ軍を退去させるのが次からの作戦になるのかも。九里の元締めはあのジャックです。アシュラ童子(酒天丸)を仲間に引き入れる流れの中で、ジャックとの戦いも避けられないのかも知れません。



    ただし、九里ヶ浜以外にも候補地が無い訳でもないんですね。
    取り引きが行われる港
    オロチとCP0の取り引きが行われるだろう港です。作中で語られる「港」というのは、この場所と刃武港の2つだけなんです。九里ヶ浜は開かれた港ではない様子。


    同志達が集まっても肝心の武器が無ければ戦えません。武器の横取りは行われると思われます。それによって、その港がどうなるかがまだ読めないんです。そもそもが、どの郷にあるどんな港かもまだ何もわからないんですね。この点は少し待ちたいです。


    康イエが何をどう考えて“新たな集合地”を決めたのか。大きな意味があったのだとすると九里ヶ浜だと思うのですが…。



    関連記事
    スポンサーサイト



    コメント

    コメントの投稿

    非公開コメント