【第961話考察】なぜ黒炭オロチは将軍になれたのか - ONE PIECE最新考察研究室
FC2ブログ

    記事一覧

    【第961話考察】なぜ黒炭オロチは将軍になれたのか

    黒炭オロチ(新入りのコマ使い)
    41年前の黒炭オロチがただのコマ使いだったとは驚きです。


    恩を仇で返して成り上がって行くのでしょうけれど。将軍にまでなってしまうのには不可解な点が多いんですよね。










    今回のオロチから豊臣秀吉を思い浮かべられた方も多いと思います。農民から天下人(太閤)にまで上り詰めた武将です。しかし、オロチは秀吉の様なサクセスストーリーがあったとは思えないんです。徐々に手柄を立てて成り上がって行ったとは思えないのです。


    コマ使いから一気に将軍にまで成り上がった可能性があるんです。


    例えば これからオロチが、
    さすがはワノ国最強の侍達
    康イエ率いる白舞の軍隊の大将になって… とか。どうしたって思い浮かばないんですね。宴の席でおトコを仕留め損なう様なオロチが侍として成り上がるとは思えないからです。


    少なくとも大名にはなりません。
    20年前 おでんが死に… オロチは残る4人の我々4人の大名に問うた
    最後まで全ての郷の大名が反オロチだったんです。


    おそらく、黒炭オロチなんて誰も知らなかった。無名の男が急に現れるんだと思うんです。少しずつ名を上げてワノ国の人々に知られて行くのではない筈。
    オロチ二刀流
    それを利用して光月おでんの功績を奪うんだと思うんですね。オロチは刀なんて使えないのに“おでん二刀流”の伝説をパクったんだと思うんです。


    表舞台に出て来たと思ったら すぐに将軍。それを可能にさせたのがカイドウなんだと思うんです。
    ワシのバックにはカイドウがついておるのじゃ!!
    カイドウがバックについたからオロチは将軍になれた。それが無かったら将軍にはなれていない筈ですよね。ここまでは良いんです。


    でも…


    何があって
    カイドウは
    オロチと
    手を組むんだろう




    問題はカイドウ側から見てのオロチの魅力です。ここが謎なんですね。



    オロチが康イエのコマ使いをしていた時から野心があったのなら、そりゃカイドウと組みたいでしょう。でも、カイドウの方がオロチと組もうと思う理由が分かりません。最初からワノ国を裏から牛耳るつもりだったのなら、愚鈍な将軍を据えるのが操りやすいとは思います。寝首をかかれる可能性も低い。また、カイドウと組もうという侍がワノ国には居なかった。オロチだけがカイドウに従ったとも考えられます。それにしたって不可解ですよね?


    オロチには何があったんだろう…?


    カイドウが欲しているのは
    カイドウは常に強い兵隊を欲している
    強い兵隊であり戦力です。ここにオロチは無関係です。オロチ自身が強い兵隊ではありませんし、オロチに従う侍も多くなかった筈ですからね。


    そして海楼石についても除外ではないかな。
    海楼石はワノ国で生まれた
    釘くらいの小ささに加工する技術をオロチが有していたとも思えないからです。



    となるとコレかなぁ。


    酒鉄鉱


    酒鉄鉱!!?



    もしも酒鉄鉱がワノ国で産出されるんだとして。それをカイドウに流すパイプ役としてオロチが絡んでるのかな?黒炭家というのが古くから酒鉄鉱の採掘に深く絡んでいたのなら考えられます。


    これならカイドウは欲しがった筈!!
    カイドウとドフラミンゴの取り引き
    SMILEとの取引きにおいて、酒鉄鉱を使って作られた武器はとても重要でしたから。現在もCP0を介して世界政府に売っているんですもんね。


    ・オロチはカイドウの力を欲した
    ・カイドウはオロチから酒鉄鉱を欲した



    ここに両者の利害が一致したんじゃないだろうか。


    ただね〜 ここまで酒鉄鉱について何も出て来てないんですよね。ワノ国で酒鉄鉱が産出されるのか分からないんですよ。
    ドレークと海賊スコッチ
    ドレークが2年前に訪れた島こそに酒鉄鉱があるのかも知れないんですよね。ここが気掛かりです。



    出会いは23年前の海賊騒ぎに絡むと思います。この過去編から18年後ですかね。


    さぁ どうなってたのでしょう。他にも色々と謎がありますんで。続けて考えて行きたいです!!


    ONE PIECEランキング
    関連記事
    スポンサーサイト



    コメント

    コメントの投稿

    非公開コメント