【第941話】何があって康イエ(トの康)は都のスターなのか - ONE PIECE最新考察研究室
FC2ブログ

    記事一覧

    【第941話】何があって康イエ(トの康)は都のスターなのか

    都の「二大スター」が同時に死ぬとは…

    都の「二大スター」が同時に死ぬとは皮肉なものよのう!!




    ここで言われる二大スターとは小紫と康イエ(トの康・丑三つ小僧)です。小紫が花の都のスターと呼ばれるのは納得です。しかし、もう1人が都のスターというのはなぜなのだろう。トの康にしても丑三つ小僧にしても「えびす町」のスターと言えるとしても、花の都のスターとは言えないと思われるんです。


    おそらく過去に何かがあった!!?






    第941話のタイトルは「えびす町の人気者」。それはトの康。ある時は丑三つ小僧。そして、その正体は…


    かつて光月家に仕えた白舞の大名である康イエ


    白舞の大名でありながら花の都のスターと呼ばれる。
    康イエを慕う花の都の人々
    確かに花の都の人々は康イエを慕っています。


    白舞もまたオロチ&カイドウによって滅ぼされていた筈。その大名であった康イエはオロチの情報操作などにより悪人に仕立て上げあげられていてもおかしくはないんです。現に光月家はそうさせられているんです。


    花の都の人々はオロチに従う者達。それが口々に「康イエ様」「よくぞ ご存命で」と叫んでいる。磔にした役人(オロチの部下)に向かっては「無礼者」とも言っています。とても不思議な光景だと言えるんです。


    何があって白舞の大名であった康イエは花の都のスターとなり得たのか。1つ考えられる事があるんですね。それは白舞という郷に理由がありそうな気がします。
    ワノ国の地図
    刃武港という港がある点なんですね!


    麦わらの一味やビッグ・マム海賊団がワノ国に入国しようとしたルートは滝登りでした。そこから至れるのは九里が浜だと考えられますよね。しかし、とても正規の入国ルートとは思えない。そこで刃武港です。ここがかつてワノ国で唯一開かれた港だったのではないだろうか。そして この港から…
    ゾロの切腹
    23年前のある日、海賊が侵入してきてたのではないか!?


    つまり、


    白舞の大名康イエは23年前の“海賊騒ぎ”の際に大活躍し、花の都を海賊から守ったスターではないだろうか



    その名声は何があっても消せない。海賊騒ぎの記憶と共に花の都の人々の心に刻みついている。それ故のスターではないだろうか?


    23年前にどんな海賊が侵入してきたのかは不明です。わかっているのは、そのドサクサにリューマの遺体と秋水が盗み出された事のみです。それを手にしていたゲッコー・モリアが侵入していたのだろうか。あるいはカイドウがワノ国を牛耳る足掛かりとなる事件だったのだろうか。


    この23年前の海賊騒ぎが、ワノ国を現在の状態にしたターニングポイントだった可能性もあるんですね。もしかすると黒炭オロチも絡んでいるのかも知れません。
    丑三つ小僧の正体に驚愕するオロチ
    康イエの生存に驚愕した黒炭オロチ。なぜそんなにも恐れなくてはならないのだろう。



    色々な事が繋がってくるかもね?



    関連記事
    スポンサーサイト



    コメント

    コメントの投稿

    非公開コメント